熟年離婚をしよう覚悟をきめた時からすることは?


離婚をした人の中から世代別で比較すると、結婚20年以上を超えた熟年夫婦による離婚がじわじわと増えていることがわかります。

長い結婚生活で、良い事も辛い事も乗り越えてきた夫婦にとって、熟年離婚をしようという覚悟ができるのはどのような時かを考えながら、熟年離婚を有利に進めていく方法をご説明します。

スポンサーリンク
jyukunenrikonレクタングル大

熟年離婚をする理由とは?

昔は、一度結婚すると生涯添い遂げるという考えがありましたが、女性が社会進出したことで女性も自立して生活ができるようになった背景や、離婚後も年金が分割して支払われる制度などが、熟年夫婦の離婚を増加させる原因の一つになっているのでしょう。

離婚と一言でいっても、そこに至るまでの経緯は人それぞれです。これは、結婚生活が長い熟年夫婦の離婚においても同じことがいえます。

長い間の結婚生活で、様々なことを乗り越えた夫婦なら、絆ができているのでは?と思われがちですが、意外と多いのがそんな長い間一緒にいたことで、徐々に不満などが募っていき、それを我慢することで少しずつ夫婦の間に溝ができ、その溝が埋められなくなったことにより離婚をする場合があるのです。

熟年離婚というと、子供も巣立って、これから夫婦だけの新たな生活が始まるという時が多いのですが、今後の人生について考えた時に、別別の道を過ごすことを選ぶ人も増えてきています。

熟年離婚に向けてしておくべきこととは?

夫が外で仕事をしている間、女性は家で家事・育児を行い、子供が巣立ってから、ゆったり自分の為の時間を過ごそうと思っているところに、夫の退職が重なると、女性にとっては、今後の人生の為に熟年離婚を覚悟する時が多々あります。

一度覚悟を決めたら、離婚後の人生について考え、準備をする必要があります。

やはり、離婚後生活するなかで、お金はどんな場合にでも必要になってきます。

万が一、熟年離婚とともに引越しが伴うという場合には、早速、引越し金が必要になります。

賃貸であれば、家賃も必要です。

もちろん、離婚の時に、財産分与等でいくらか手元にお金もあるかと思いますが、最低限の生活ができるようお金を確保しておくことが大事になるでしょう。

また、離婚理由にもよりますが、離婚理由がDVやモラハラのような肉体的・精神的苦痛を味わったことで離婚の覚悟を決めたという場合は、慰謝料を請求できます。

ただ、慰謝料を請求する場合には、証拠が必要な場合があるため、必ず証拠を押さえておきましょう。

不倫で離婚する場合も同じで、相手が不貞行為をしているという確たる証拠があることで、慰謝料を請求することができます。

熟年離婚後も幸せな生活をおくるために

昔であれば、離婚を世間に知られることを恐れる傾向にありましたが、最近は、離婚を前向きに新たなるスタートと考えることが多くなりました。

自分の人生は一度きりですので、熟年離婚をすることを覚悟した時には、前向きに、今後どのように楽しく過ごせるかということを考えて行動する気持ちが大事です。

スポンサーリンク
jyukunenrikonレクタングル大
jyukunenrikonレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする