熟年離婚をする時の子供の気持ち


3組のうち1組は離婚をする計算になるというほど、日本でも離婚はそう珍しいものではなくなりつつあります。

その中でも結婚20年を超える熟年夫婦による熟年離婚がじわじわと増えつつあります。

子供も大きくなり、これからが夫婦の時間という時にどのような変化があるのかを説明していきます。

スポンサーリンク
jyukunenrikonレクタングル大

熟年離婚が増える背景と理由

男は外で働き、女は家で家事や子育てをし守るというような考え方は薄れつつあり、最近では女性の社会進出も進んでいます。

女性が社会進出することで、、女性も生活をするだけのお金を稼ぐことができるようになったということが、離婚を決意させる後押しをするようになってきました。

また、熟年離婚の場合、年金の分割制度ができたことにより、妻が離婚後も年金をもらえるということで離婚に踏み切ることができるようになったということも背景にあるでしょう。

しかし、長い結婚生活で色々なことを乗り越えて絆もできている夫婦が離婚をしようと思う決めては、夫婦それぞれにより異なります。

ただ、意外に多いのが、特にこれといった原因はないけれど、長い年月の間にできた溝を埋められず、残りの老後を考えた時に、自分のために別別の道を歩もうと考える人もいます。

また、今まで離婚をしたかったけれど、子供の事や、離婚後の生活が不安でずっと我慢していた人が、独立した子供の後押しもあって熟年離婚を決意することがあります。

熟年離婚をする親に対する子供の気持ちとは?

長い結婚生活の間で、喧嘩をする度に離婚したいと考えるたことも多々あると思います。

ただ、その際に、子供の気持ちを考え、離婚を思いとどまることがよくあります。

離婚をし、住む場所が変わったり、子供の氏が変わるなど離婚によって、子供を取り巻く環境が変わることを考えると我慢をしていた人も、子供が独立した状況になった時に、離婚を思いとどまらせるものがなくなり決意する人もいます。

また、子供も独立し大人になったことで、両親の関係に不安を募らせている場合もあるでしょう。

子供の気持ちとしては、子育ても一段落した今、夫婦水入らずで旅行を楽しんだりして欲しいという気持ちがあるものですが、それがかなわないほど両親の関係が悪化している場合、両親それぞれが幸せに老後を過ごせる道を後押しするのも子供の気持ちとしてはあります。

熟年離婚を思い悩んでいる時にも、子供が後押しをしてくれたことで決心できたということもあります。

自分の幸せと子供の気持ち

熟年離婚を決意したからには、今後の幸せを考えて準備をしなければいけません。

またいくら独立したとしても子供の気持ちも大事にしたいものです。子供の結婚や出産、孫の面倒など今後のことを考えて経済的面でも離婚後のことをシュミレーションしておきましょう。

スポンサーリンク
jyukunenrikonレクタングル大
jyukunenrikonレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする