熟年離婚から再婚した方の子供との関係について

熟年離婚ナビ k (12)
熟年離婚が数年で非常に増加しています。

離婚当初は「新しく1人で自由に過ごせる」という楽しみがありますが、ある程度の時間が経つと1人の寂しさや、金銭面で厳しさも感じ再婚する方も多いのでしょう。

しかし、熟年再婚の場合は相手に大きな子供がいる事が多いです。

その子供との関係が難しいと悩む人も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、再婚相手の子供との関係性について紹介します。

スポンサーリンク
jyukunenrikonレクタングル大

子供の環境が大きく左右する

熟年再婚となると、子供もある程度大きいため人によって違いが大きいです。

独立し家族を持つ子供の場合は「親が幸せに暮らしてくれるならそれがいい」と思ってくれる事と多いでしょう。

自分には家族があるため、親が1人で暮らしているよりもずっと安心できるので、距離感はあるかもしれませんが、安定して関係を作れる可能性が高いです。

しかし、再婚相手と子供が同居している場合などは、再婚前に親と子供が互いに理解しているかどうかが大切になるでしょう。

上手くいかない人は実際にいる

上記のように同居など、近い関係になると、ある程度大きくなった子供からすれば急に新しい親を受けられる訳がありません。

このような子供との関係が原因で、結局離婚してしまった方もいるようです。

どうすれば良いのか

上手く関係を作るために大切なことは、子供と血の繋がった親がしっかりと子供と話し合っているかが大切です。

急に家族になるなんてとても難しい事ですので、相手の家族や子供が受け入れられるような環境をしっかりと時間を掛けて作る事が大切です。

何よりも、血の繋がった親が子供との架け橋になる事が一番大切です。

スポンサーリンク
jyukunenrikonレクタングル大
jyukunenrikonレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする