熟年離婚後の女性の生活について

熟年離婚ナビ k (12)
近年増加傾向にある熟年離婚は、離婚が成立するまでも大変ですが、離婚後の生活に不安を感じる方と多いと思います。

特に女性の場合は離婚後の生活費など、経済的な問題が一層不安だと思います。

そこで今回は、熟年離婚で発生するお金や、女性が離婚後の生活を始めるために気をつけるべきポイントを紹介します。

スポンサーリンク
jyukunenrikonレクタングル大

熟年離婚で得られるお金は3つ

①財産分与

婚姻中に築いた財産は全て、夫婦で築いた物とみなされてるため、基本的には折半する事になります。

なので、夫名義であっても婚姻中に得たものであれば、それも財産分与に該当するので、今どのくらい財産があるのかを事前に確認しておく事が大切です。

②年金分割

女性の場合扶養されていた方が多いと思いますが、婚姻中に納めた厚生年金は、最大50%まで受け取る事ができます。

ただ扶養者(夫)の合意が必要になるため、必ずしも50%受け取れるとは限らないので、しっかりとした話し合いが必要となります。

③慰謝料

これは離婚理由によりますが、DVや不倫など身体的精神的苦痛を受けた場合は受け取れる可能性が高いので、事前にその証拠を集めておく必要があるでしょう。

離婚後の住居について

熟年離婚の場合、専業主婦の方が多いと思いますので、離婚後の住居を賃貸住居で考えている場合は注意が必要です。

基本的に賃貸住居は、本人の収入を基準に契約が結べるかが決まります。

つまり専業主婦で無収入の場合は契約できない可能性があります。

なので、事前に確認し、保証人が必要になる場合もあるので子供や身内に相談しておく事が大切です。

まとめ

女性の場合は特に熟年離婚は、金銭的にデメリットが多くなる場合があるので事前の準備が大切です。

1人で決めず、子供や身内に増加する事で離婚後の生活を安定する事ができるかもしれません。

スポンサーリンク
jyukunenrikonレクタングル大
jyukunenrikonレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする