熟年離婚時の財産分与の問題を解決!

熟年離婚ナビ k (8)
熟年離婚をされる際、揉めるのが財産分与のお互いの取り分です。

より多くの財産を自分が手にしたい気持ちはわかりますが、なんでももらえばよいというわけではありません。

熟年離婚をする前に、財産分与の際に手にしておいて得する財産とはどんなものか知っておきましょう。

スポンサーリンク
jyukunenrikonレクタングル大

財産分与とは

そもそも財産分与とは、婚姻期間中に夫婦共同で手にした財産を離婚時に二人で分け合うことを指します。

婚姻前に自分の名義で貯めた貯金は当てはまりません。

しかし、専業主婦のへそくりがある場合、そのへそくりは夫の収入からのものとみられ、夫のものとなる場合と、専業主婦というものが一つの職業と認められ、夫婦の共有財産となる場合があります。

ですので、婚姻後のへそくりは全額自分のものとして扱われるという考えはあきらめたほうがいいかと思います。

財産分与で主に当てはまるのは、結婚後に購入した住宅や車、貯金があてはまります。

婚姻中に遺産相続をしていた場合、それは財産分与には当てはまりません。

熟年離婚の場合は、年金や退職金も財産分与に重大に関わってきます。

そのうえ熟年離婚は婚姻年数が長いのこともあり、共有財産も多いので専門家に相談する方が多いようです。

財産分与の方法

財産分与の方法はいくつかあります。

住宅や車を現金化して分け合う方法や、物をもらうかわりに対象のものと見合った金銭を請求する方法もあります。

一番良いのは、当事者同士での話し合いでわけあうのがベストかと思いますが、ローンや借金がある場合はそう簡単にはいきません。

熟年離婚の場合は、出ていく側の住む場所の確保が難しいため、元いた家に残る側が有利になる気がします。

また、住宅ローンが残っている場合の分与は、住宅を売却した場合の値段とローンの残りで住宅の財産価値が決まります。

なので当然、マイナスの財産となる場合もあるのです。

財産分与は当事者の話し合いだけで決めることが可能ですが、マイナスの財産が発覚した場合や、今後の支払いが継続する場合は、公正証書を作成しておくことをお勧めします。

まとめ

熟年離婚での財産分与は、財産が多ければ多いほど揉める傾向にあるようです。

特に貯金や不動産については、どのくらいの財産があるのか離婚前に把握しておいたほうがよいでしょう。

知らない間にパートナーに借金があったなんてことがないように、婚姻中のお金の動きは相手に任せっきりにせずに、定期的に管理しましょう。

スポンサーリンク
jyukunenrikonレクタングル大
jyukunenrikonレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする