熟年離婚をする前に知っておきたい年金分割の知識

熟年離婚ナビ k (14)
熟年離婚をお考えの方、熟年離婚には、知っておいたほうが得する知識があります。

その中でも、年金分割という言葉はご存知でしょうか。

何も知らないで離婚を踏み切ってしまうと、後々の生活が困難になりかねません。

正しい知識を身に着けて、熟年離婚後にお金に困ることがないようにしましょう。

スポンサーリンク
jyukunenrikonレクタングル大

年金分割について

年金分割とは、その名の通り、今まで支払ってきた年金を離婚時に夫婦で分ける制度です。

扶養範囲内で働いていて、自分自身で厚生年金を支払っていなくても、夫が支払ってきた年金を離婚時に分割してもらうことができるのです。

特に、サラリーマンや公務員などの第三号被保険者であれば、夫の合意がなくとも年金分割で、年金の50%を受け取ることができるのです。

夫としては、今まで支払ってきたのは自分自身の給料の内からなので、面白くない思いをする人もいるでしょう。

しかし年金分割は、熟年離婚後の大切な収入源となります。

熟年離婚の場合、専業主婦や扶養内で働いていた妻が再就職しようと思っても、とてもできる年齢ではないということです。

しかし、基礎年金の金額の分割ではないので、年金分割で分割される額は、定められた計算方法があります。

年金分割できるからといって、全面的にその制度に頼り切るのはよくありません。

金額の計算はどうすればいいの?

年金分割でわけてもらえる金額は、基礎年金を除いた報酬比例部分の金額の部分だけです。

報酬比例部分とは、収入によって支払っている年金金額です。

なので、夫が本来もらえる年金の50%と勘違いをして計算していると、おおきな誤算となってしまいます。

また、夫が必ずしも折半しなければならないわけではなく、妻のほうが収入が多い場合は、妻が夫に年金分割をしなければなりません。

お互いの収入を明確にして、どのように年金分割がされるのか、事前に調べてみたほうがよいでしょう。

実際はどのくらいもらえるの?

熟年離婚で一番に問題になるのはやはりその後の生活費です。

少しでも多くの生活費が手にできるように、しっかりとした知識を身に着け、離婚後の金銭状況を確認しておきましょう。

また、年金分割については50歳以上で尚且つ加入年数が25年以上であれば、日本年金機構で分割できる金額を調べてもらうことも可能です。

その他にも、夫のねんきん定期便から年金支給額を算出するという方法もできます。

大体の金額の検討をつけてから熟年離婚に踏み切ったほうがよいでしょう。

スポンサーリンク
jyukunenrikonレクタングル大
jyukunenrikonレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする