親が熟年離婚をする原因が介護という時に出来る事は?


熟年離婚がそう特別なものではなくなってきた背景には、女性の社会進出により夫に頼らなくても生きていける生活力を身に着けたということも背景にあるでしょう。

また熟年離婚と一言でいっても、それぞれの夫婦によってそこに至る経緯は様々です。

スポンサーリンク
jyukunenrikonレクタングル大

親の熟年離婚に至る理由は?

結婚して20年以上がたち、その間には楽しいことも、辛いことも様々な出来事を乗り越えてきた熟年夫婦にとって、離婚に至るほどの原因とはどのようなものがあるのでしょうか?

大きな原因が、何十年も一緒に生活する中で積み重なった不満が大きな溝となり、うめることができなくなった時に、別別の道を歩むことを考える場合があります。

もちろん不倫や暴力といったことが原因になることもあるでしょうが、夫が定年退職し、家にいる時間が長くなったことで、夫婦の間の環境も変わってきます。

女性にとっては、「亭主元気で留守がいい」という言葉があるように、今まで仕事にいっていて留守の間に、好きなことをしてバランスをとっていたものが、ずっと夫がいることで、家政婦のように食事の準備や、掃除洗濯をするだけの生活に、もう一度今後の人生について考える時がくるのです。

子にとって親の熟年離婚とは?

子はすでに独立していることが多く、夫婦にとっても、子供も巣立ったからと熟年離婚を考える人がいます。

確かに、自立している子供にとっては、親の離婚はさほど影響がないと考えますが、ただ、結婚をすることになった時の親の顔合わせや結婚式などになると、両親に伝えないといけないこともあります。

そこで、親が熟年離婚をするとなった時に、子ができることはどんなことでしょうか?

先ほど、親が熟年離婚をする理由について話をしましたが、子が巣立った熟年夫婦において、もう一つ大きな試練があります。

子供が巣立ち、ゆったりした生活を過ごすことができると思った矢先、夫婦に親の介護という試練がやってきます。

定年前後となると親もまた体調に不安がでてくる頃です。

自分の状態もままならない中でも、親の介護は、親にとって大きなストレスとなります。

近くにいるのであれば、介護を手伝ってあげることもできるでしょう。

ただ、親の世代では、人に頼ることなく全て自分でやらなければという考えを持っている人が多く、負担が増えているのです。

そこで、介護について行政がしている支援などを調べて、親に伝えてあげたり、手続きをしてあげるだけで親の負担もへります。

介護が熟年離婚の原因になった時には?

何十年も一緒に生活していた夫婦が、介護によって離婚に追い込まれるのは寂しいものです。

親が介護が原因で熟年離婚に追い込まれるまでに、子供ができる介護のお手伝いをしましょう。

スポンサーリンク
jyukunenrikonレクタングル大
jyukunenrikonレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする