熟年離婚後に再婚をし幸せな時の年金問題は?


日本の離婚率が増加傾向にあり、離婚をしたといっても、そう驚かれない世の中になってきました。

実際、30歳から40歳の離婚件数が一番多いのですが、意外と熟年離婚の件数もじわじわと増えています。

熟年離婚における変化を説明していきます。

スポンサーリンク
jyukunenrikonレクタングル大

熟年離婚が増えている理由と現認は?

熟年離婚がじわじわと増えている理由の一つに、女性の社会進出が挙げられるでしょう。

昔であれば、男性は外で働き稼ぎ、女性は家事や子育てなどで家を守る専業主婦という形が多かったのですが、女性も社会に貢献し、働くようになり女性の収入で生活が成り立つようになりました。

今までは生活ができるか不安だった人も、前に進むきっかけになりました。

また、年金の分割制度が始まったことも影響してきています。

離婚後も婚姻期間の厚生年金を話し合いで分割できる制度です。

これにより女性も生活の足しになることで離婚を一歩踏み出すきっかけになりました。

また、20年以上一緒に連れ添ってきた夫婦が離婚する原因には、10組の夫婦がいれば10通りの離婚理由があるというほど様々な原因があります。

慰謝料も請求できるようなDVやモラハラ、不倫などが原因の離婚もありますが、定年後などにお互いの今後を考えて、お互いが幸せになるために熟年離婚をするという人もいます。

熟年離婚後の生活は?

熟年離婚を考える中で、離婚後の生活を考えてみましょう。

離婚後は幸せな生活がまっていると思いきや、経済的に苦しくて思うような生活にならず、離婚を後悔する人もいます。

意外と、冠婚葬祭も多い時期なので、思うよりも支出が多い場合もあるため、必ず生活に必要な預貯金があるかを考えておきましょう。

年金分割制度で、年金だけを頼りにしていると、思っている幸せな生活ができない場合もあります。

必ず自立できるかどうかを考えて行動しましょう。

もちろん離婚後幸せを手にいれて、再婚をすることもあるかと思います。

再婚をすると分割をした年金はもらえないと思われがちですが、実は再婚をしても、年金分割はおこなわれます。

再婚をしたことで幸せも手に入り、その上年金も分割され驚くこともあるかと思いますが、実際には受け取ることができます。

熟年離婚後の生活設計はある程度かんがえておきましょう。

もちろん思いがけず再婚という場合もあると思いますが、年金分割を離婚時に決めておけば、再婚をしても受給できるため必ず申請はしておきましょう。

幸せな生活のために

離婚後幸せに生活するためにも、早くすべてを終わらせたいと思いがちですが、離婚時にきちんと決めておくことが離婚後の幸せな生活をするために必要なことになるでしょう。

スポンサーリンク
jyukunenrikonレクタングル大
jyukunenrikonレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする