熟年離婚後の経済的変化について


最近じわじわと増える傾向にあるのが、結婚20年以上たった熟年夫婦における熟年離婚です。

その背景には、女性の社会進出が進み、今までは専業主婦だったのがパートにで自らがお金を稼ぐことができるようになったということも一因しているでしょう。

ただ、熟年離婚をすることで経済的にはどのような変化があるのかを説明していきます。

スポンサーリンク
jyukunenrikonレクタングル大

熟年離婚をする前に考えるべきこと

昔であれば、離婚をすることは世間的にも厳しく、また実際に生活する上においても、様々な苦労をしなければいけない状況にありましたが、離婚率も上昇し、子供を連れて離婚をする家庭も多くなりました。

貧困問題ということを考えた上で、国や地方自治体からも様々な支援制度がなされるようになりました。

ただ、子供も独立した熟年夫婦において、離婚後になんらかの支援というものはほぼないと考えたほうがいいでしょう。

そこで、離婚後に経済的にやっていけるかというところに着目して考えていく必要があります。

ただ、感情的に老後までこの人とやっていけないと行動すると、離婚後に経済的に苦労することもあります。

熟年離婚をするためにしておくべきこと

熟年離婚後も安定した幸せな生活を過ごすためにも、ある程度の生活設計を考えておく必要があります。

離婚後の住む場所はどうなるのか?離婚後の収入はあるのか?など事細かにシュミレーションをしてみましょう。

万が一、熟年離婚とともに引越しとなると、引越しの為の資金や、家賃、生活するための家具などの購入とその時点でかなりまとまったお金が必要になります。

離婚時の話し合いで、財産分与はされると思いますが、思い通りにいかないこともあります。

そこで、前もってある程度まとまったお金をこっそりためておくことも必要でしょう。

また、今では結婚生活における年金の分割制度も始まっているため、正しい知識をもち、きちんともらえるものはもらうようにしましょう。

意外と、離婚をして、自由になれると考える人が、のちのち経済的に苦しくなり、自由どころか生活するのも大変になる場合があります。

熟年離婚をするからには、残りの人生を謳歌するためにも、経済的な自立が大前提になるでしょう。

熟年離婚後にかかる以外なお金

熟年離婚後、経済的な面で考えた時に、意外と忘れがちな出費が、自立した子供に関してのものです。

結婚をする時には、結婚祝い、子供が生まれれば出産お祝い、孫が遊びにきたら、お小遣いも必要です。

離婚後は、自分の事くらいしかお金を使わないからと思いがちですが、意外と老後の交際費はお金がかかることを頭に入れておきましょう。

こんなのだったら、離婚しなければよかったとならないように、離婚するまでに下準備が大事なことを覚えておきましょう。

スポンサーリンク
jyukunenrikonレクタングル大
jyukunenrikonレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする