熟年離婚をする時に円満な協議離婚に持ち込むために?

最近では熟年離婚という言葉が浸透しており、その件数もじわじわと増えてきています。

離婚をする世代として、婚姻期間が割と短い人がしているイメージがありますが、実は最近では婚姻期間が20年以上たっている熟年夫婦が離婚をするという事例が増えています。

一体どのような経緯で熟年離婚に至るのかを解説します。

スポンサーリンク
jyukunenrikonレクタングル大

熟年離婚をする理由とは?

熟年離婚をする理由は、それぞれの夫婦によって違います。

特に、20年以上も連れ添った夫婦が別々の道を進むことを決めるにはそれ相応の理由があります。

結婚し、子供が生まれ、子供が独立するまでの間に、夫婦間には楽しいことも、辛いこともあるでしょう。

その中で、夫婦に訪れる一つの転機は、夫の退職により生活パターンが変わることでしょう。

夫が退職して、家にいる時間が長くなることで、妻がしなければいけないことが増え、ストレスがたまる傾向にあります。

また夫の立場としても、退職し、残りの人生を考えた時に、今までは家族・家庭の為に働いていたが、その後は自分の為に生きていきたいという思うことがあります。

お互いの意見が一致すれば協議離婚という形で円満に離婚をすることができます。

また、よくある熟年離婚の理由として、長い婚姻生活の間で、徐々にできた夫婦の溝が大きくなりすぎて、埋めることができなくなったことで別別の道を進む場合です。他にも、長い間DVなど我慢していたが、子供が巣立ち、子供の後押しもあり離婚をするという場合も見受けられます。

熟年離婚を決意した時にすることは?

実際、離婚をすることを決意した時に、離婚後の生活を考える必要があります。

住む場所や、離婚後に必要な生活費等も考える必要があります。

離婚は結婚よりも大変ということが言われているように、様々な取り決めをしておくことが、今後の生活のためにも必要です。

大抵の場合は協議離婚という形で、夫婦間で取り決めを行う場合が多いですが、お互いの意見が一致しない場合は、裁判等で決定することもあります。

長い年月を過ごしてきた相手だからこそ今までの不満が爆発し、なかなかスムーズに進まないということも考えられますが、長い間一緒にいたからこそ、今後の幸せな生活の為に、協議離婚という形で円満にまとまることが望ましいといえます。

協議離婚では、慰謝料が発生する場合にはその額や、財産分与、年金分割について決める必要があります。

円満に協議離婚をするために

長い間連れ添った夫婦だからこそ、最後はお互いを思いやり、残りの人生を両方ともが謳歌できるように考え、協議離婚に挑むことが大事です。

夫婦間で話し合いがうまくいかない場合は、第三者に間に入ってもらう離婚調停などを活用してもいいでしょう。

スポンサーリンク
jyukunenrikonレクタングル大
jyukunenrikonレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする