熟年離婚をすることで健康保険や国民年金はどうなるの?


日本の離婚率は年々、増加傾向でありますが、その中でもじわじわと離婚件数が増えているのが熟年離婚です。

その要因をみつけながら、熟年離婚後に、今までの生活はどのように変わるのかを中心に説明していきます。

スポンサーリンク
jyukunenrikonレクタングル大

熟年離婚が増え続けるわけとは?

昔では、「離婚」をすること自体避ける傾向にあり、離婚をしたとなれば、ひた隠しにする傾向がありましたが、最近では離婚をする人が増え、また一人親世帯となれば、国や地方自治体からも支援を受けられるなど、離婚に対する考え方が変わってきています。

その中でも、熟年離婚が増えた理由の一つとしては、年金分割制度が始まったということがあげられます。

もちろん全ての人がその条件に当てはまるかと言えば違います。

しかし、年金を受給できる人にとっては、離婚後の生活のあてにすることができます。

また二つ目の理由に、女性の社会進出があげられます。

女性も、社会で仕事をすることが多くなり、自身で稼いだお金で生活が成り立つようになりました。

10組の熟年夫婦がいれば、10通りの離婚理由があるかと思いますが、背景としては先にあげたような出来事が、熟年離婚の後押しをしているのでしょう。

熟年離婚によって変わる生活とは?

離婚理由は様々ですが、やはり子供が独立し、今後の自分の人生を想像した時に、今までに出来た夫婦間の溝を埋められずに、別別の道を歩むことを選択する人がいます。

ただ、ここには大きな変化が伴うことを理解しておきましょう。

引越しが必要になる場合もあるでしょう。

また、パートなど働かないと生活が成り立たない場合もあります。

離婚する前に、必ず今後の生活設計を立てておく必要があります。

熟年離婚を経験した人の声で、思っていた以上に経済的に大変で、自分のやりたいことをすることもできないという場合があります。

もちろん熟年離婚に伴い財産分与や、請求できる時には慰謝料、子供がいる場合には養育費などある程度まとまったお金が入ってくることを期待していてはいけません。

意外と、熟年離婚をする年代には、冠婚葬祭が重なったり、孫にお小遣いやお祝いをあげないといけなかったりと物入りの時代でもあります。

また、忘れがちなのが、国民年金や健康保険なども支払う義務があります。

今まで会社で入っていたというかたは、国民年金や健康保険といわれてもピンときませんが、国民年金や健康保険がなければ、病気になった時には困ります。

もちろん収入に応じて免除などもあるため、役所に確認しておくことをおすすめします。

楽しい老後を過ごすために

離婚は結婚よりも何十番も大変といいますが、決め事や考えることがたしかにたくさんあります。

しかし、今後の輝いた人生のためには、一つ一つをクリアにしていき、最後には幸せを手にいれましょう。

スポンサーリンク
jyukunenrikonレクタングル大
jyukunenrikonレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする