男性にとって熟年離婚後に困る家事について

日本では、婚姻20年以上たっている熟年夫婦が離婚をする件数は増え続けています。

そこで、熟年離婚が増えた原因や、離婚原因、離婚後困ることについて説明します。

スポンサーリンク
jyukunenrikonレクタングル大

熟年離婚の件数が増えているわけは?

離婚件数の中で圧倒的に20代~40代の離婚件数が多いのですが、じわじわと熟年夫婦による離婚が増えてきています。

最近では、共働き世帯が増えていることからわかるように、女性の社会進出が進み、女性も外で働いて稼げるようになりました。

女性が働くことで自立したことにより、離婚に踏み切りやすくなったといえます。

また、年金分割制度により、離婚後も婚姻生活中の年金を夫婦で分割して支給できるようになったことも、離婚を後押しする結果となっています。

20年以上も一緒に生活し、辛いことや楽しいことを乗り越えてきた夫婦が離婚をする原因ですが、子供を育てている間は、嫌なことがあっても、我慢していたが、その間に夫婦の溝は埋められない程となり、子供が成人して、別別の道を歩むことを決める場合があります。

また、熟年夫婦の転機として夫の定年退職があります。

子供も独立し、女性にとっては、これからは自分のために費やす時間と考えていたところ、夫の定年退職でずっと家にいて、家事をしなければいけなくなった時に、熟年離婚を考える女性が多いです。

女性にとって、男性にとっての熟年離婚とは?

熟年離婚の原因は、10組の夫婦がいれば10通りの原因があります。

また、熟年離婚を切り出すのが夫からか、妻からかという点でも人それぞれ違いますが、意外と多いのが妻から切り出すパターンです。

夫にしたら寝耳に水のような出来事に慌てる人も多いようです。

定年退職後は家でのんびり過ごそうと思っていた男性にとっては試練です。

家族のために外で働いてはいたものの、一切を妻に任せている場合、掃除・洗濯・食事の準備などの家事すらもできないという男性は多くいます。

また、家事以外にも、家計をすべて妻に任せていた場合、離婚後男性の手元にはそんなにお金が残らないという場合もあります。

女性にとっては、熟年離婚後の残りの人生を楽しく過ごしていける反面、外で働き続けてきた男性にとっては、大変厳しい状況に陥ることになります。

熟年離婚に陥らないために

女性の社会進出が進み、女性が自立していると同時に、男性もただ仕事をして稼いでくるというだけではなく、積極的に家事や育児に協力していかなければいけません。

それこそが、本当の夫婦の形であり、熟年離婚という選択をせず、定年後も夫婦で一緒に楽しく老後を過ごすことができる秘訣といえるでしょう。

スポンサーリンク
jyukunenrikonレクタングル大
jyukunenrikonレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする