熟年離婚をしてから夫が再婚をし変わることとは?


日本において離婚率は増え続けています。世代別にみると、30~40代での離婚件数が一番多いです。

件数はそう多くないものの、じわじわと増えているのが熟年夫婦における離婚です。

今では、熟年離婚という言葉が世間一般に浸透していますが、なぜ増えているのかや、そこに起こる問題を説明します。

スポンサーリンク
jyukunenrikonレクタングル大

熟年離婚が増えているわけと原因は?

熟年離婚が増えているには、いくつかの要因があります。

昔は夫である男が外で働き、女は家事や育児をして家を守るという考え方がほとんどでしたが、女性の社会進出が進み、女性も自立できるようになりました。

また、国や市区町村のひとり親家庭への支援も拡充してきています。

それに加え、年金分割制度が始まったことで、熟年離婚の後押しになっています。

また、何十年も連れ添った夫婦が離婚を決意するには、様々な要因があります。

ただ、転機としては、子供が独立したことや、夫の定年退職の際に、今後の人生を見直し、別別の道を歩むことをきめる夫婦も少なくありません。

ただ、離婚は結婚よりも大変という言葉があるように、様々な決め事をしておく必要がでてきます。

熟年離婚後の幸せのために

様々な決め事をしておくことが大事と話をしましたが、具体的には、財産分与や慰謝料が発生する場合は慰謝料もきちんと請求することが大事です。

また、年金分割制度もきちんと申請をしておかなければいけません。

熟年離婚をして、自由な生活ができると思っていても、意外と経済的に苦しくなり大変な思いをしている人はいます。

離婚するまでに、きちんとその後の人生設計をたてておき、どれくらいの資金が必要かも考えておきましょう。

意外と冠婚葬祭などで出費が重なる時期でもあります。

そして、離婚後夫が再婚することでも、影響が生じる場合があります。

夫が再婚する可能性がある場合は、必ず年金分割を離婚後2年以内に申請しておきましょう。

そうすることで、夫が亡くなっても、万が一再婚しても、影響がありません。

また、離婚後も、パートなどで働けるようなところがあるならば、少しでも老後の為の資金と思い貯金することをおすすめします。

自分の幸せを考えて

離婚後、経済的不安がでてきたり、健康面でも不安が生じた時に孤独感を感じたりして、離婚を後悔する場合があります。

そうならないためにも、熟年離婚を考えた時は、必ず今後の人生設計をもう一度考えるようにしましょう。

また、元気なうちはいいですが、体調面で不安がでてきた時のことも考えておくことが大事です。

スポンサーリンク
jyukunenrikonレクタングル大
jyukunenrikonレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする