熟年離婚の進め方や方法とは?


婚姻生活が20年以上もたち、様々な出来事を乗り越えてきた夫婦でも、埋められない溝があり熟年離婚を決意することがあるでしょう。

定年などの区切りを迎え、残りの人生を考えた時に、今のままではなく前に進みたいと思うこともあります。

実際そう思った時の、熟年離婚の進め方はどうすればいいのかを解説していきます。

スポンサーリンク
jyukunenrikonレクタングル大

熟年離婚をするきっかけとは?

熟年離婚の方法はどうすればいいかということですが、まずは夫婦の関係性や熟年離婚を決意するに至った経緯を考える必要があります。

熟年離婚となると、結婚生活も長く、家族構成や介護の有無なども変わってきます。

熟年離婚をしたい人が10人いれば、10通りの離婚の進め方があるのです。

離婚をする際に決めることはたくさんありますが、熟年離婚の場合は、大きくわけると財産分与・慰謝料・年金分割・子供がまだ未成年の場合は親権や養育費等決める必要もあります。

慰謝料といいましたが、慰謝料を請求できるのは、精神的・肉体的に苦痛を一方から受けた場合に請求できるものです。

例えば、長い結婚生活で、モラハラな発言が常日頃からあった場合や、DVを受けていたという場合です。

また、相手が何度も不貞行為をしていた場合です。

この際に注意をしなければいけないことが、離婚調停や裁判になると、それらの行為があったことの証拠が必要になります。

証拠がなければ、なかなか慰謝料をとることができないため注意が必要です。

熟年離婚の進め方とは?

慰謝料請求に関して必要な方法はお話しましたが、一般的な進め方とはどんなものでしょうか?相手に離婚をしたいと伝える前に必ず、今後の生活についてシュミレーションをしてみることが大事です。

意外と多いのが、離婚をしたものの経済的に厳しくなり、離婚を後悔する人さえいます。

というのも、子供が結婚し以外と子供家族との付き合いにお金が必要だったなど、思いがけない所で出費がかさむものです。

今後幸せな人生を送るためにも、お金に関しては細かく考えておくことが大事です。

そして様々な情報を知っておくことが大事です。熟年離婚の進め方としては、相手に伝えて夫婦間で様々なことを話し合い決められれば一番ですが、一度こじれている相手とはなかなか着地点が見つからない場合があるため、その後は離婚調停を活用する方法があります。

離婚調停自体はすぐに申立てできるので、夫婦だけで話しあいが進まない場合には活用することがよい方法とも言えます。

進め方としては人それぞれですが、裁判などになると、精神的にも大変なものなのでできるのなら、円満離婚に持ち込める方法を考えるべきでしょう。

熟年離婚も慎重に

財産分与で一定の額はもらえるから大丈夫とは思わず、きちんと今後必要になる経費等を計算した上で熟年離婚を考えていきましょう。

また、結婚より離婚は大変という言葉があるように、精神的にも肉体的にも大変な出来事ですので進め方には慎重になりましょう。

スポンサーリンク
jyukunenrikonレクタングル大
jyukunenrikonレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする