熟年離婚で生活費を請求する方法とは?

日本では、離婚率が増加しています。30代40代における離婚件数が一番多いのですが、その中でも件数がじわじわと増えているのが熟年夫婦における熟年離婚です。

熟年離婚を考えているけれど踏み切れない人も多くいるため、考えておいたほうがいいことについて説明していきます。

スポンサーリンク
jyukunenrikonレクタングル大

熟年離婚をする時に考えておくことは?

熟年離婚をしたいけれど、離婚をした後の生活が漠然としているために、不安で踏み切れないという人はたくさんいます。

もちろん暴力等があった場合は、悩んでいる場合ではありません。

ただ、性格の不一致や、長年積み重なった不満が夫婦の間で埋められない溝となり、別別の道を歩むことを考える場合があります。

そんな時は、焦らずに、置かれている状況や、離婚後に歩む生活設計をきちんと考えておく時間を持つ必要があります。

その時に、身の安全が保証されるのであれば、別居という方法を選ぶことも一つです。

また、配偶者には分からないように、こっそりと準備を進めるのも方法でしょう。

万が一、別居等をした場合、離婚が成立するまでの生活費を請求する権利があることを覚えておきましょう。

直接生活費を請求しても、払ってくれなくて困るという場合は、裁判所に調停を申し立てすれば、生活費の額等も決定してもらうことができ、請求することができます。

離婚するまでの間は、相手を扶養する義務があるため、生活費も請求できることは覚えておきましょう。

熟年離婚をした後は?

不安があるうちはなかなか踏み切ることができない熟年離婚ですが、実際、離婚をし、自分が思う自由な幸せな生活をしている人ももちろんいますが、熟年離婚をしたことを後悔する人も多くいます。

というのも、熟年離婚をする年代は、冠婚葬祭も増え、交際費が増える世代でもあります。

そんな中、年金と、預貯金だけでの生活では、なかなか経済的に苦しくなることがあります。

顔もみたくないという感情論で離婚をすると、思っていた以上に経済的に苦しくてそこで悩むこともでてくる場合があります。

また、その時は元気でも、いつ体調を崩すかはわかりません。

周りに見守ってくれる兄弟や知り合いがいればよいのですが、いないという場合は、病院にいくこともままならない場合があります。

体調が悪くなった時ほど、人恋しくなる感情が芽生えてきて、離婚を後悔するという人もいるわです。

ですので、熟年離婚をする場合には、その後の生活設計も重要な課題となってきます。

熟年離婚後幸せに生活するために

前もって、生活設計を立てることももちろんですが、経済的な面で少しでも、手助けになるように仕事などもできればいいでしょう。

生活の足しにもなりますし、仕事をすることで生活にメリハリもつきます。

そして、何かあった時に頼める人も探しておくことをおすすめします。一度きりの人生だからこそ、後悔しない道を選びたいものです。

スポンサーリンク
jyukunenrikonレクタングル大
jyukunenrikonレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする