熟年離婚の原因が酒癖の悪さという時は?


統計をみると日本の離婚率は増えています。

年代別にみると30~40代における離婚件数が一番多く、次に20~30代と続きます。

婚姻20年以上がたつ熟年夫婦の件数はけして多くはありませんが、じわじわと増え続けています。

熟年離婚に至る原因や、熟年離婚が増えているわけを解説していきます。

スポンサーリンク
jyukunenrikonレクタングル大

熟年離婚の原因とは?

20年以上も苦楽を共にした夫婦が離婚を決心する理由は一言では言い表せない場合が多いです。

10組の熟年夫婦がいれば10通りの離婚までの経緯があります。

よく離婚原因としてあげられる暴力やモラハラ、不貞行為や酒癖の悪さ、借金問題などありますが、これらのことが婚姻生活中に起こっていても、子供がいるからなどの理由で我慢しており、子供が独立したため、今後の自分の人生を考え熟年離婚に踏み切るといったケースもみられます。

また、長い年月の間ですれ違った溝がうめられず、前向きに今後の生活を考えた時に、別別の道を歩むことを決断する場合もあります。

子供が独立した時や、また夫の定年退職を機に熟年離婚を考える人も多くいます。

定年後、夫の酒癖に耐えられず離婚を考える人もいます。

熟年離婚に踏み切るタイミングとは?

熟年離婚がじわじわと増えている原因として、一つに女性の社会進出があります。

昔であれば、男性が外で稼いできて、女性は家事・育児をし家庭を守るという構図がありました。

しかし、女性も外で仕事をするようになり、自立したことで一人でいきていくことができるようになったのです。

また、年金分割制度も熟年離婚の後押しをしたといえるでしょう。

かといって、努力もなしに熟年離婚を選ぶことはおすすめしません。

実際に、自立しており、生計もたてられる状態で離婚をすれば、のちのち経済的にも困らないかと思います。

ただ、財産分与や慰謝料といったお金だけを頼りにその後の人生をおくることは、将来経済的に厳しくなることがあります。

熟年離婚をした人の中でも、思っていた以上に経済的に厳しかったり、体調がよくなく一人の寂しさに離婚を後悔する人も中にはいます。

たしかに、長い年月の間で不満は募っていると思いますが、一度リセットして夫婦で今後の人生について話し合ってみるのもよいでしょう。

今後の生活設計をたてよう

熟年離婚はいつでもできます。

一度、夫婦が努力をしてみてからでも遅くはありません。

酒癖が悪いのであれば、二人で飲みにいくなど、お互いが譲歩しあいながら、残りの人生っを楽しむ方法を探してみましょう。

それでも、無理だった時は、きちんと離婚後の生活設計をシュミレーションし、計画的に進めるようにしましょう。

スポンサーリンク
jyukunenrikonレクタングル大
jyukunenrikonレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする