熟年離婚における年金の手続きは?


離婚率が増加傾向にある日本において、熟年離婚の件数もじわじわと増加傾向にあります。

女性も社会進出し、自立して生活が送られるようになったことも一因でしょう。

熟年離婚を考える際、今後の生活設計をきちんと組み立て、また必要な手続きは忘れないようにしておきましょう。

今回はそのうちの年金分割について解説していきます。

スポンサーリンク
jyukunenrikonレクタングル大

熟年離婚で決めておくべきこと

離婚を決意し、離婚後の明るい未来を想像はしても、思っていたよりも経済的に厳しくなり離婚を後悔するという人も少なくありません。

そのためにも、お金の事に関してはきちんと取り決めをし、手続きをしておく必要があります。

人により離婚をする理由や状況は異なりますが、長い間の婚姻生活でできた預貯金などの財産はわけることになります。

また、年金に関しても分割することができるため、きちんと手続きをしておかなければいけません。

慰謝料が発生するような場合には、慰謝料を請求することを忘れないようにしましょう。

子供がいる場合には、親権や養育費についても話し合う必要がでてきます。

離婚は結婚よりも大変といいますが、決めることもその後の手続きも手間がかかることがあるので、一つ一つもれがないようにしましょう。

それが今後の幸せへの一歩です。

年金分割制度とは

熟年離婚という言葉が世間一般に浸透した一因にもなるのが平成19年4月から始まった、離婚時の年金分割制度です。

一言でいうと、婚姻期間中の厚生年金記録を分割することができるということです。

注意しなければいけないことは、離婚時の年金分割制度は、勝手には分割されないということです。

原則、請求期間がきまっており離婚等をした日の翌日から起算して2年以内に申請しなければ分割された年金を受給することができません。

年金分割にも2種類あります。

一つは、合意分割です。共働きなどで双方が厚生年金に入っている場合などで年金を分割する場合です。基本的には分割の割合は夫婦間で決定することになりますが、決定しない場合は、裁判所が分割の割合を決定するということもあります。

もう一つが、3号分割です。

専業主婦などの被扶養配偶者は年金の加入者の婚姻期間中の厚生年金記録を2分の1ずつ分割することができます。

長い婚姻期間であれば、もらえる年金も増えます。請求期間があるため忘れず手続きをするようにしましょう。

幸せを勝ち取るために

話し合いやややこしい手続きで、はやく終わらせたいと思いがちですが、年代的に、冠婚葬祭や交際費等で出費がかさむ時期でもあります。

もらえるものや、分割できるものはきちんとするというスタンスで毅然と立ち向かう必要があるでしょう。そして、離婚後、幸せな生活を送ることができるようにがんばりましょう。

スポンサーリンク
jyukunenrikonレクタングル大
jyukunenrikonレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする